HOME > 交通事故示談とは

交通事故示談とは

 弁護士相談実施中

以下のようなことでお悩みの方はまずはご相談ください。

  1. 保険会社からの提示額より示談金を増額したい方。
  2. 言い渡された後遺症等級認定にご不満のある方。
  3. 保険会社の対応にご不満のある方。

弁護士に相談せずに一人で解決するには時間と労力が掛かり、またケガをして心身共に疲れているにも関わらず示談交渉することで新たなストレスになります。まずは交通事故示談の経験が豊富な弁護士にご相談することをお勧めいたします。


弁護士による交通事故相談室では、弁護士との個別相談を実施しております。完全予約制ですのでまずはお気軽にお電話ください。担当の弁護士があなたのお悩みを解決します。

※ 当事務所の対応地域は、東京、神奈川、千葉、埼玉、茨城となります。
※ 加害者の方、物損事故のみの場合は、お受けできません。

弁護士による個別相談
お気軽にご相談ください。

無料相談ご予約はこちら

交通事故示談を弁護士に相談する理由とは

交通事故示談を弁護士に相談する理由には大きく3つあります。

  • 交渉によるストレスから解放されます。
  • 正当な基準を元に示談金が算出されます。
  • 被害者の正当な権利を保護します。

そもそも示談とは、加害者と被害者が、裁判で争うことなく話し合いで、解決することです。交通事故の賠償問題は、ほとんどの場合が示談によって解決されます。実際のところ約9割が示談による解決です。

交通事故の示談の場合、当事者の話し合いにより賠償金額について決めることが主な内容となります。当事者同士が折り合いのつく賠償金額が決まると、示談書を交わします。示談書とは、示談の内容等を明記した契約のことです。

示談書では、賠償金がいくらで、どのような方法で支払っていくか、といった取り決めが明示されるとともに、示談が成立した以上、今後賠償について争わないことも約束することになります。

そのため、知識が無いにも関わらず示談を成立させてしまうと思った以上に示談金が安い可能性もありますので、一人で行わずまずは知識のある弁護士に相談することをお勧めしております。

交通事故示談とは

なぜ弁護士だったら示談金が上がる可能性があるのか?

算定基準

そもそも示談交渉の提示金額は保険会社の保険基準を元に算出されているため、どうしても安くなるという理由があります。もちろん保険会社もビジネスなので示談金が高くなるより少しでも安くしようとするのは当たり前です。

そのため知識のない一般の方が示談交渉を個人で行うと法律基準の示談金を下回るケースがあります。

示談交渉は知識のある弁護士に必ず相談し、法律を基準に交渉を行うことで正当な示談金になります。費用をかけてでも弁護士に依頼した方が安心して示談交渉に望めます。

弁護士費用特約付き保険に加入していらっしゃる場合、原則としてご本人の負担金はございません。

交通事故示談の交渉を始めるタイミングは?

保険会社に請求できるのは、原則として事故日から3年(死亡事故の場合は死亡の日から3年)です。賠償金額を決めるにあたり、後遺症の有無を確認するためにも、完治してから、後遺症が残る場合でも症状が落ち着いてから示談に臨むのがよいでしょう。

しかし、保険会社はなるべく早めに示談に持ち込もうとすることが多いようです。なぜなら、保険会社は解決しなければならない多くの交通事故案件を抱えていますから、ひとつの事故に長い時間をかけていられないのです。

保険会社も営利目的の企業である以上、事故処理はなるべく早く済ませたい、迅速な対応によって被害者の心証を良くし、スムーズに解決したいというのが本音のようです。

示談交渉を始めるタイミングは?

当事務所では等級関係なくご相談いただけます。皆様がけがの治療に専念でき、安心して生活できるように、
私たちが徹底サポートいたしますので交通事故から6ヶ月以内を目安に、お早めのご相談をお勧めております。

事故発生から示談解決までの流れ

▶ 事故発生から示談解決までの流れ

交通事故示談が成立するとどうなる?

示談が成立し示談書を交わすと原則、取り消しや交渉のやり直しはできません。だからこそ、示談に臨む際には冷静さを欠いてはなりません。

示談時には予測できなかった後遺症が生じた場合などは、例外として、追加請求できる場合もあります。しかし、それはあくまで「後遺症が予測できなかった場合」であり、必ずしも追加請求が認められるわけではありません。

原則としては、示談金が支払われたあとは、被害者は治療などによって示談金の金額以上の損害があったとしても、追加請求はできないものと認識しておきましょう。低い賠償金額でなるべく早く示談を成立させようとする保険会社の言いなりにならず、冷静に対応することが求められます。

示談が成立するとどうなる?

交通事故示談が成立しない場合は?

調停や裁判で争うことになりますが、解決までに長い時間を要する場合があります。手続きも示談より煩雑となり、被害者にも負担がかかることになります。

お電話でのお問い合わせの際は、こちらをクリックしてください。

個別相談ご予約はこちら

ご質問・お問い合わせはこちら