HOME > むち打ち・捻挫・打撲

むち打ち・捻挫・打撲

むち打ちの症状について

むち打ちとは、追突事故などで生じた頭部や頚部(首の部分)への衝撃によって、首の組織に損傷をうけることを言います。

「むち打ち」はその症状を表す通称名であり、正式な病名ではありません。医師の診断では、「外傷性頚部症候群」「頚部捻挫」「頚部損傷」「頚部挫傷」などと称されます。
むち打ちになると、交通事故の直後は不具合を感じなくてもあとになってから症状が出てくることもあります。
むち打ちの主な症状は、次のとおりです。

  • 首に感じる不快感
  • こわばり
  • 痛み肩こりの悪化肩・腕・手の痛み
  • しびれ
  • 目の疲れ頭痛・めまい
  • 吐き気・息切れ・動悸

首だけではなく、頭や肩、腕、手指にいたるまで、広範囲にわたって不快な症状が出る場合があります。

むち打ちの症状は後遺症として長く続くこともありますが、交通事故との関連性を証明できなかったり、 本人も交通事故に起因する症状であると気づかなかったりすることがあるため、交通事故の後遺障害として認定されない場合もあります。

後遺障害の認定に納得がいかない場合は、「異議申し立て」をすることができます。
交通事故と症状の関連が立証されれば、後遺障害として認定を受けられる可能性があります。

捻挫の症状について

捻挫とは、関節部分の損傷を指します。ひねったりくじいたりして、関節部分に強い衝撃を受けたとき等に起こります。交通事故においては、いわゆる「むち打ち」である「頚椎捻挫(けいついねんざ)」に加え、「腰椎捻挫(ようついねんざ)」がよくみられます。腰椎捻挫は、交通事故における自動車の追突などで、腰に強い衝撃を受けたときに起こります。いわゆる「ぎっくり腰」です。

腰椎捻挫を起こしたときに、腰部の痛みだけでなく、しびれも感じられる場合は、椎間板ヘルニアを伴っている場合も考えられます。 また、腰部だけの不具合にとどまらず、足のしびれ、歩きにくいといった症状が出ることもあります。

打撲の症状について

打撲とは、いわゆる「打ち身」のことです。 身体の衝撃を受けた部分が腫れたり、青くなったり、炎症をおこしたりします。軽症の場合は、1~2週間で治ることが多いです。しかし、「単なる打ち身だから」と侮ってはなりません。

打ち所が悪かったり、衝撃が強かったりすると、しびれなどの後遺症が残る場合があります。
また、事故の起こったときは何ともなくても、後になってから痛みや合併症の症状が出てくることもあります。 頭部、胸部、腹部などに打撲を受けた場合は、内臓などの体内の器官に損傷をうけていることも考えられますので、特に注意が必要です。

お電話でのお問い合わせの際は、こちらをクリックしてください。

個別相談ご予約はこちら

ご質問・お問い合わせはこちら