HOME > 低髄液圧症候群

低髄液圧症候群

低髄液圧症候群とは

「交通事故に遭ってから、長引く頭痛に悩まされるようになった」 そんな症状が出ているなら、それはもしかすると、「低髄液圧症候群」かもしません。

低髄液圧症候群とは、脳脊髄液の漏れから頭痛をはじめとしたさまざまな不具合が生じてくる疾患です。

低髄液圧症候群は、むち打ち、背中への衝撃、打撲などが原因で起こります。交通事故などで体が大きな衝撃をうけると、脳を守っている頭の中の脳脊髄液による圧が一時的に上がります。 圧が上がると、体が非常事態を察知して、圧を下げるために脳脊髄液を漏らすのではないかと言われています。 一説によると、それが低髄液圧症候群の原因です。

低髄液圧症候群はなぜ起こるか

脳脊髄液が体内に漏れるとどうなるのでしょうか。
まず、それまで頭の中に入っていた脳脊髄液が減ります。脳脊髄液が減って頭の中の圧が下がることで、圧に支えられていた脳や脊髄が下がってきます。 このような経緯で脳や脊髄が下がることが、さまざまな不具合を生じさせるのです。

低髄液圧症候群の症状

低髄液圧症候群による頭痛の特徴は、立っているとき、あるいは座っているとき、つまり、上体を起こした状態でいるときに症状が顕著に見られるということです。 横になってしばらく安静にしていると、症状が治まるか、立っている(座っている)ときに比べて楽になるのが特徴です。 脳脊髄液が少なくなったために下がっていた脳や脊髄が、横になることで下がらなくなるからです。

頭痛以外の症状では、首・のどの痛み、めまい、耳鳴りなどがみられます。記憶障害や倦怠感も、低髄液圧症候群が原因ある可能性があります。

最近の研究結果で、交通事故の後遺症のうち、これまで原因不明とされてきた症状の一部は、この低髄液圧症候群によるものであることがわかってきました。 交通事故に遭ってから、何らかの後遺症が残っているにもかかわらず、治療の手立てがわからなかった患者の中に、低髄液圧症候群の治療を施すことで回復が見せるエースが見られたからです。

ただし、原因不明の後遺症のすべてが低髄液圧症候群に街頭するわけではありません。低髄液圧症候群かどうか調べる方法として、問診やMRI等の検査といった手立てがあります。まずは医師に相談してみましょう。

低髄液圧症候群の治療方法

低髄液圧症候群に有効な治療方法として注目を集めているのが、ブラッドパッチ療法です。

ブラッドパッチ療法とは、患者自身の血液を採取して、それを脳脊髄液の漏れている箇所に注入し、漏れを塞いでいく方法です。

ブラッドパッチ療法の治療費は、健康保険が適用されず、これまで全額自己負担とされてきました。 ところが、平成24年5月17日に開かれた厚生労働省の先進医療専門家会議により、入院費用など一部で保険を適用する先進医療として認められました。

お電話でのお問い合わせの際は、こちらをクリックしてください。

個別相談ご予約はこちら

ご質問・お問い合わせはこちら