HOME > 高次脳機能障害

高次脳機能障害

高次脳機能障害とは

人間の脳は、複雑で高度な機能を持っています。脳のはたらきのおかげで、私たちは日常生活をつつがなく送ることができるのです。

脳のはたらきのうちでも、コミュニケーション、記憶、学習など、特に高度な機能に部類されます。そのような高度な機能が損なわれる障害、それを「高次脳機能障害」と言います。

高次脳機能障害の原因

病気が原因の場合は、脳出血と脳梗塞によって、脳血管に何らかの障害があるときに起こります。稀なケースでは、脳炎や低酸素性脳症などによって引き起こされることもあります。
外傷が原因の場合は、交通事故などで頭を強く打って脳に外傷を受けることによります。

高次脳機能障害の症状

高次脳機能障害の症状は多岐にわたります。脳のどの部分に、どれぐらいの範囲に損傷を受けるかによって、症状の出方が異なるからです。

交通事故の外傷に起因する高次脳機能障害は、場合によっては外傷を受ける箇所が複数あったり、範囲が広かったりするので、その症状も個々に異なり、複雑な出方をします。 複数の外傷があるために、複数の症状が出ることも少なくありません。 高次脳機能障害の症状は多岐にわたりますが、その例は以下のとおりです。

  • 忘れっぽい
  • 学習や仕事の手順がわからない
  • 集中力に欠く
  • 怒りっぽい
  • とっさに言葉が出てこない
  • 他人の言うことがわからない
  • 行動が子供っぽく稚拙になる
  • 同じ行動を繰り返す
  • 行動に一貫性がない
  • 自分がどこにいるのかわからない
  • 知人が誰なのかわからなくなる
  • 「聴く・話す・読む・書く」が難しくなる
  • 体の片方(右半分、左半分)の機能が低下する
    (右側だけ見えない、左側だけ聞こえない、など)
  • 動きがぎこちない
  • それまでできていた動作ができなくなる

高次脳機能障害の治療

高次脳機能障害には、薬を飲む、手術をするといった治療法が確立されていません。機能の回復と社会復帰に向けてリハビリテーションを続けていくことになります。

高次脳機能障害の難しさ

高次脳機能障害は、他人から一見して障害であると察知することが難しいです。社会生活にうまく適応できなくなっているにも関わらず、それが脳の障害によるものと認知されにくいのです。本人も自覚していない場合があり、しばしば見逃されがちです。

一見わかりにくくても、社会生活におよぼす支障という点から見れば大きな障害であるといえます。心配な症状がある場合は、医師に相談しましょう。

障害とわかりにくいことから、交通事故によって高次脳機能障害が残ったとしても、医師の診断でも見落とされることがあります。 その結果、交通事故の後遺障害として認められないこともあるのです。 そのなると、本来請求できる保険金が支給されないことになりかねません。

お電話でのお問い合わせの際は、こちらをクリックしてください。

個別相談ご予約はこちら

ご質問・お問い合わせはこちら