HOME > 脊髄損傷

脊髄損傷

脊髄損傷とは

交通事故などで脊柱(背骨)に強い衝撃をうけ、脊柱に骨折・脱臼などの破壊が生じると、骨だけではなく、脊柱の中に通っている神経である脊髄が損傷することがあります。

脊髄は、脳と体を結ぶ重要な神経です。
脊髄が損傷すると、日常生活に支障をきたすような重大な障害を起こします。

脊髄損傷の症状

脊柱は、上から頸椎、胸椎、腰椎、仙椎、尾椎に分かれています。損傷した箇所により、それぞれ頸髄損傷、胸髄損傷、腰髄損傷、仙髄損傷、尾髄損傷と呼ばれます。
ひとくちに脊髄損傷といっても、脊髄のどの部分に損傷を受けたかによって、症状は異なります。損傷した脊髄の箇所より下の部分が麻痺するため、上の方が損傷するほど、障害の度合いは重くなるのです。

脊髄損傷による主な症状は、次のとおりです。

  • 痛み・しびれ・痙攣(けいれん)
  • 麻痺による知覚障害・歩行障害
  • 自力での排泄が困難となる

また、脊髄損傷は、損傷の程度によって、「完全型」と「不完全型」に分けられます。
「完全型」とは、神経伝達機能の一切が絶たれた状態です。
「不完全型」とは、脊髄の部分的な損傷にとどまり症状も部分的で、一部の機能は残っている場合を指します。

脊髄損傷の治療法

現在の医学では、脊髄損傷の治療法は確立していません。現在のところ、損傷した脊髄を回復させる手段がないのです。脊髄は自然治癒することもありませんので、一度傷ついたら、完治は見込めません。
そのため、脊髄損傷をうけた患者にとって、いかに障害と向き合い、日常生活における不自由さについてどのように折り合いをつけていくかということが問題となってきます。
また、骨などの治癒の経過を見守りながら、早期にリハビリテーションを開始し、寝たきりにならないよう筋力を保持することも重要となります。

脊髄損傷における後遺障害認定・賠償請求について

脊髄損傷を受けると、その後、長期にわたり障害と向き合っていくことになります。そのため、後遺障害の認定を受ける際には、冷静かつ慎重に応じる必要があります。
これから続いていくリハビリテーション、介護費用の確保など、現在必要な費用だけにとどまらず、将来的にかかってくる費用も想定したうえで賠償請求をしなければなりません。

介護費用の他にも、将来かかると想定できる医療費、自宅をバリアフリー化した場合の改築費用の一部または全部などを請求できる場合もあります。
まずは将来を見据えた上で、保険会社の言いなりにならずに、必要な費用を算出しましょう。

お電話でのお問い合わせの際は、こちらをクリックしてください。

個別相談ご予約はこちら

ご質問・お問い合わせはこちら