HOME > まさか、最初から弁護士が直接対応してくれるとは

まさか、最初から弁護士が直接対応してくれるとは

初期対応より弁護士が直接対応

当事務所へ個別相談の申込をされた方とお話をさせて頂くと、

「やっと弁護士と話をすることができた」
「まさか、最初から直接弁護士が対応してくれるとは思いもしませんでした」
「もっと敷居が高いところだと思っていました」

という感想を良く耳にします。

交通事故の示談交渉でストレスを感じていても、弁護士事務所へ相談を申し込むことに対して抵抗を感じている方が多いようです。

また、実際に相談を申し込んでも、すんなりと弁護士へ相談できるとは思われていないようです。

一般的に弁護士へ交通事故の個別相談を申し込まれた場合、下記のような順序で進めて行きます。

  1. 個別相談申込み(電話)
  2. 事故・怪我の状況確認(電話)
  3. 個別相談(面談)
  4. 示談交渉
  5. 示談成立

良くありがちなケースとして、

1. 電話による申込み
2. 事故・怪我の状況確認

までを受付スタッフが対応し、

3. 個別相談

から弁護士が対応する場合、弁護士と直接話ができるまで、ある程度の時間を要します。

初期対応を受付スタッフが担当するケース

しかし、当事務所の場合、電話申込みされた初期対応より直接弁護士が対応しますので、この対応スピードに驚かれるようです。

初期対応を受付スタッフが担当するケース

弁護士が直接対応することで、少しでも早く不安を解消して頂く事が目的ですが、場合によっては弁護士が介入してもお役に立てないケース(費用倒れ)もありますので、そのような場合は、その旨ご説明させて頂くことができます。

適切な賠償額を獲得するためには、早期から弁護士を加入させて示談交渉が不可欠です。

示談交渉にストレスを感じている方や保険会社からの提示額に不満をお持ちの方は、遠慮なく個別相談へお申し込みください。

お電話でのお問い合わせの際は、こちらをクリックしてください。

個別相談ご予約はこちら

ご質問・お問い合わせはこちら