HOME > 弁護士が介入しないと示談金が低額になる恐れがあります。

弁護士が介入しないと示談金が低額になる恐れがあります。

なぜ被害を受けたのに弁護士費用をかけてでも示談交渉をしないといけないのか。それには大きな理由3つあります。

突然、交通事故に巻き込まれた場合
ほとんどの方にとって、交通事故の被害に遭うのは初めての経験です。入院・通院するともなれば、普段どおりの生活を送るのは難しくなります。肉体的・精神的に大きな負担を背負いこむことになるのです。

このように、交通事故に遭ってしまうと、被害者は多くの心配事を抱えることになります。それだけでも大変ですが、そのような緊急事態の中で、示談交渉を進めなければなりません。

示談交渉とは、損害賠償金の金額を話し合いにより決めることです。被害者と加害者の合意のうえで賠償金額を決めることになります。ところが、実際には被害者にとって十分な損害賠償金が得られない場合があります。
被害者に交通事故や賠償金に対する知識がないために、安い損害賠償金額で示談を成立させてしまうことがあるからです。


安い賠償金額で示談を成立させ、後悔しないためにも、冷静な判断のできる味方、弁護士に相談することをおすすめします。

納得のいく損害賠償金で示談を成立させるためには、費用をかけてでも弁護士に依頼したほうがよいです。その理由は、大きく分けると次の3つです。

【1】弁護士が入った場合の示談の効果とは

突然起こった交通事故。被害者の多くは、示談の知識がありません。自分の肉体的・精神的被害に対して、どれぐらいの賠償金を請求するべきなのか、冷静に判断するのは難しいです。

示談することになれば、加害者側の保険会社の担当者と話し合うことにはなります。知識のある保険会社の担当者に相談できることに、被害者はほっとするかもしれません。しかし、ここで注意が必要です。
それは、保険会社は必ずしもあなたの味方になってくれるわけではない、ということです。
なぜなら、保険会社はできるだけ支払う金額を抑えようとする場合があるからです。納得が行く話し合いができず、保険会社とのやりとりがストレスになる場合もみられます。

だからこそ、あなたの味方になって、的確な判断をくだしてくれる弁護士の存在が必要になるのです。

弁護士は、あなたの話を聞き、状況を把握して、あなたの納得する賠償金額で示談できるように働きかけます。その働きによって、保険会社ができるだけ低く抑えようとして提示してきた金額よりも、高い金額で示談を成立させられる場合があります。

【2】等級による慰謝料について

交通事故にあって治療を受けた際、治療をしても完全に回復しない場合があります。完治せずに残ってしまった障害を「後遺障害」といいます。
後遺障害は、その部位や程度などから、等級が定められています。その等級によって保険金額も定められます。

体に不調が残っているにもかかわらず、後遺障害が無いとの認定を受ける場合があります。

このような場合、弁護士に相談し、異議を申し立てることによって、後遺障害の認定を受けられる場合があるのです。ひとりで悩まずに、まずは相談することが肝心です。

【3】簡単に和解してはいけない理由

示談の内容が提示されても、簡単に和解してはなりません。

被害者は、これからの生活のこと、仕事のことなど、さまざまな心配事を抱えることになるかもしれません。そのために、冷静な判断ができないこともあるでしょう。交通事故に対する知識のないことから、提示された賠償金額が妥当なものかわからず、「まあこの程度だろう」と提示された内容で合意してしまうことがあります。

いったん示談を成立させてしまうと、それを撤回して増額を求めるのは、不可能です。いったん合意してしまうと、あとになってから「やっぱり納得いかない」と言えないのです。

だからこそ、「面倒だから」、「わからないから」といって、相手の言いなりになってはいけません。納得のいく賠償金を請求することは、今後の生活を立て直していくためにも大切です。慎重な判断が必要となります。

当事者だけでは、なかなか納得のいく示談は成立しないものです。そこで、正当な判断をくだせる弁護士に相談することが肝心なのです。
交通事故の辛さを乗り越えて、あなたのもとの生活を回復するためにも、まずは、経験豊富で交通事故の示談に詳しい弁護士に相談してみませんか?

お電話でのお問い合わせの際は、こちらをクリックしてください。

個別相談ご予約はこちら

ご質問・お問い合わせはこちら