HOME > ご相談の流れ

ご相談の流れ

当事務所では後遺障害の等級に関係なくご相談いただけます。皆様がけがの治療に専念でき、安心して生活できるように、
私たちが徹底サポートいたしますので交通事故直後からのお早めのご相談をお勧めしております。

ご相談の流れ

流れの詳細

事故発生
事故後は人身事故として処理されているか確認しましょう。

事故が起こったら、まずは警察に連絡します。警察が到着するまで、現場は保存しておくようにします。

他にも、加害者の身元を確認しておく、目撃者がいる場合は連絡先を聞いておくことなども大切ですが、事故で怪我を負った場合は、救急車を呼ぶなどして、すぐに病院へ行きましょう。状況に応じて、冷静かつ臨機応変な対応が求められます。

また警察への届けが「物件事故」扱いとなっている場合には,医師の診断書をもって警察に行き,「人身事故」に切り替えてもらいましょう。

治療
通院または入院中にご相談する事をお勧めいたします。

治療費は、通常加害者加入の任意保険会社が支払いますが、被害者にも過失があった場合は、将来的に被害者も治療費の一部を負担しなければならないこともあります。

治療を受けている段階で、なるべく早めに弁護士に相談していただくようおすすめします。

当事務所では、示談交渉の経験豊富な弁護士が、あなたのご相談をお待ちしています。まずはお電話のうえ、ご来所ください。お話をお伺いしたうえで、弁護士が最適な解決方法を判断し、ご提案します。
弁護士の説明に納得いただければ、契約の手続きを進めさせていただきます。

ご相談ください
ここで私たちにご相談ください。

交通事故の被害者へのご支援・お力添えに全力で取り組んでおります。

交通事故の被害者の方からの個別面談は無料です。まずはご相談のご予約をお取りください。

お気軽にご相談ください。

個別相談ご予約はこちら

症状固定
症状固定は賠償期間の終期を確定するものです。

治療を続けた結果、完治すればもちろん治療は終わります。

ところが、完治しなくても、治療が打ち切られる場合もあります。それ以上治療を続けても効果が見られないと医師が判断した場合です。そのような状態を「症状固定」と言います。

後遺障害
後遺障害認定は等級によって賠償金が変動します。

残念ながら完治せず、何らかの症状が後遺症が残ってしまった場合、後遺障害認定を受けます。

ただ、申請したとしても、すべての後遺症が、賠償金を請求できる後遺障害として認められるわけではありません。そこには一定の基準があります。

また、後遺障害は、その程度・部位などにより、16等級142項目の等級が分かれています。等級によって請求できる賠償金も変動するため、正当な等級認定を受けることは、適正な賠償を受けるためにも重要です。

損害賠償の請求
賠償金額は正当な額か必ず確かめてください。

加害者側の保険会社から、賠償金額が提示されます。

保険会社から提示される賠償金額は、正当な金額よりも低額な場合が多いですので、保険会社の言い分を鵜呑みにせず、冷静に対処しましょう。

示談交渉
あなたに代わって弁護士が保険会社と交渉いたします。

示談交渉に入ります。弁護士に依頼した場合は、弁護士が被害者に代わって保険会社と交渉を進めます。

一度示談が成立すると、取り消しはできません。後悔しないためにも、交渉には交通事故の示談に詳しい弁護士を介しましょう。

示談成立
示談成立後は示談書にのっとって、示談金が支払われます。

示談成立後、示談書の内容にのっとって、示談金が支払われます。

交通事故の場合はほとんど示談成立となりますが、稀に不成立になる場合があります。その場合は財団法人交通事故紛争処理センターや裁判手続等を利用して解決を図ることになります。

お電話でのお問い合わせの際は、こちらをクリックしてください。

個別相談ご予約はこちら

ご質問・お問い合わせはこちら